八幡通り歯科マガジン 口内フローラ

with コメントはまだありません
  • 口内フローラ「腸内フローラ」というと、メディアで紹介されるようになって認知度が一気に高まったため、聞いたことがあるという人も多いはず。
    口の中にも腸の中と同じように、たくさんの細菌が棲みついています。その数はおよそ700菌種、100億個以上ともいわれていて、それらを「口内フローラ」(医学用語では「口腔フローラ」)と呼んでいます。

    Read More

八幡通り歯科マガジン 便秘の悩み

with コメントはまだありません
  • 便秘の悩み「何日も便が出なくておなかが張る」「便が硬くていきんでもなかなか出ない」「残便感がある」などの不快な症状が続く便秘。
    口に出す人は少ないものの、女性はとくに便秘で悩んでいる人は多いはず。

    便秘のタイプは人それぞれ違うけど、主にどんなタイプがあるのか、またタイプ別の効果的な改善方法など、今号では多くの人のお悩み『便秘』について紹介します。

    Read More

八幡通り歯科マガジン 摂食と嚥下(えんげ)

with コメントはまだありません
  • 摂食と嚥下「ぱくっ、もぐもぐもぐ、ごっくん。」
    これは私たちが食事の際に何度も繰り返す、一連の動作を表現したものです。一見簡単に思える動作ですが、じつはとても複雑で、口や舌、のどのさまざまな機能が上手に連携をとりあい成り立っています。

    普段私たちは、とくに意識することなく食べ物を口へ運び、咀嚼し、飲み込む動作や、言葉を発する「発話」を行なっていますが、脳卒中などの病気の後遺症や加齢が原因でうまくできなくなってしまうことがあります。

    Read More

八幡通り歯科マガジン 笑い www

with コメントはまだありません
  • 笑い www「笑う」という行動には、医学的にもたくさんの効果があることがわかっています。
    2020年は新型コロナウイルスの影響で、日本をはじめ世界中の人々から笑顔が減ってしまった・・・ それは言い過ぎではないかもしれません。

    また、人と接するときには常にマスクで口もとを覆っているため、楽しさや嬉しさ、良好な気持ちが伝わりづらいと感じることもあるかもしれません。
    そんな今だからこそもっと笑おう!

    笑いはかたちから入っても効果があるのだそうです。作り笑いでも積極的に笑い声を出すことで、体の緊張がほぐれ脳の血流が増えるなど、本当に笑った時に近い反応が起こることがわかっています。

    Read More

八幡通り歯科マガジン 歯の黄ばみ

with コメントはまだありません
  • 歯の黄ばみ子どもの歯って、目にまぶしいほど真っ白に輝いていますよね。それが年をとるにつれて黄色みを帯びてくるのはなぜでしょうか。

    もともとの歯の色は、髪の色や肌の色のように、人それぞれ個人差があります。年をとるとつやのある黒髪が白髪まじりになるように、歯の色も加齢とともに少しずつ黄色みが濃くなっていきます。
    それに加えて飲食物などの色素が歯の表面に付着することでも、歯が黄ばんでしまうのです。

    Read More

八幡通り歯科マガジン 食品添加物

with コメントはまだありません
  • 食品添加物『食の安全』を考えたとき、皆さんはどんなことをまず思い浮かべますか?
    ウイルスや細菌による「食中毒」、「食物アレルギー」、農作物の「残留農薬」や「遺伝子組み換え」でしょうか?
    私たちが毎日食卓で口にする、あらゆる食品に使われている「食品添加物」もそうでしょう。

    ネガティブなイメージで捉えられることも多いですが、いまや食品添加物の力を借りなければ、現在のような食生活を送ることはできません。
    今号では『食の安全』を考える上でのひとつ、「食品添加物」についてまとめました。

    Read More

1 2